専門的仕事です。

得意分野を活かせます。

作業員

近年、建設業界は慢性的な人材不足が続き施工管理の技術力の低下を招いています。
施工管理の技術力を養うためには、何と言っても経験が重要な要素になりますが自社で経験を積ませて施工管理のスペシャリトを育てるには、時間と経費も必要になるだけでなく育てるべき人材が不足しているのが実情です。
こうした状況から、施工管理の専門家を派遣に頼る傾向に拍車が掛かっています。
派遣する側からも、現場毎に得意分野の技術者を派遣する事が出来ると共に更に専門分野の経験を積ませる事で、更なる技術力の向上を図る事が出来るメリットがあります。
派遣を依頼する業者としても、現場単位で専門家を頼むことが出来るので人件費の抑制に効果が見込める上、派遣の施工管理技術者のノウハウを吸収する機会にもなり、自社の社員の技術向上にも役立つというメリットがあります。
建設現場にはその規模が大きくなればなるほど多種多様な工種、工程がありそれぞれに専門的知識や経験が必要になります、中には特殊工事が含まれる場合も少なくありません。
施工管理の派遣は、専門性が高く対象となる工種や工程に特化した人材を工程ごとに依頼する事が可能なため、効率的な工程管理を行う事ができます。
このため、工事にに直接必要な経費の圧縮にも役立ちひいては利益率の向上にも役立ちます。
派遣で働く人材としても、不慣れな工種の施工管理をする必要が無く得意分野を活かせる事で不必要なストレスを感じることもありません。

人気となるその秘密

作業現場

施工管理の仕事に就くときは、派遣会社を活用した仕事探しが人気となっています。
施工管理の業務は資格を有する技術職で、好待遇での求人情報が多くあるのも特徴です。
転職を含めた施工管理の派遣には、ネットによる転職サイトや求人サイトを利用することで、スピーディーに職場を見つけることができます。
情報社会となっている現代では、多くの企業が施工管理の人材を確保するために、一般化されている転職サイトや求人サイトを活用して人材を求めているのです。
派遣を専門にしている転職サイトや求人サイトも多くありますが、何といっても専任のキャリアアドバイザーのサポートを受けることができるという魅力が評判となっています。
このサポートは、数多くある求人情報の中から、希望する条件を考慮し、経験やスキル、資格などの条件が一致する求人を紹介してくれるので、多くの方が活用されています。
円滑で丁寧に、そして安全に工事を進める施工管理の仕事を派遣で行なうメリットは、施工管理の経験を活かせる現場、技術を伸ばせる現場を選べる点です。
中途採用でも比較的簡単に仕事先が見つかることも多いため、転職を希望する方には有り難い雇用形態となっています。
たとえ派遣社員として一定期間のみ雇用となっても、会社によっては正社員登用できるところも多くあります。
自分が十分に納得できる職場に巡りあえたら、その旨を伝えることで正社員として検討してくれますので、職探しをする時点で担当スタッフやアドバイザーに伝えておくことが大切です。
そして、多くの職人や工事を担当する業者、協力している会社など、たくさんの方と出会い顔見知りになれる点も、派遣で働くことによる利点となっています。

正社員ではなくても良い

男の人

施工管理の仕事は責任があり、経験者ではないと務まらないと言われています。
ところが、最近は正社員雇用ではなく派遣されたり、未経験者でも採用されたりすることが多くなってきているのです。
未経験者であっても諦めることなく、応募してみましょう。
また、応募する際、内容をしっかり把握してからにした方がいいかもしれません。
例えば、派遣採用ということであれば、正社員雇用とは内容が異なります。
派遣であっても福利厚生が整っているのか、時給はどのくらいになるのかといった点も調べておきましょう。
それから、施工管理の仕事内容も把握しておく必要があります。
一口に施工管理といっても、職場によって仕事内容は異なるからです。
一般的には施工スケジュールを管理したり、施工状態を管理したりといった仕事を行います。
また、施工過程で何かトラブルが生じたら、責任を持って対処しなくてはなりません。
もちろん、トラブルの責任を取ることもあります。
だからこそ、常に気を抜くことなく、しっかりと管理をする必要があります。
それから、派遣となっても、その現場の施工が終われば本社に戻れるといった派遣の形もあります。
この場合の派遣は、単純に本社からの出向という形になるので、時給制ではありません。
場合によっては出向という任務から手当がつくこともあります。
それだけ、本社に信頼されているという証拠です。
このように、施工管理の求人を見つけたからといってすぐに応募するのではなく、きちんと仕事内容などを確認し納得した上で応募しましょう。

キャリアップができる

ヘルメットを持つ人

施工管理の求人の魅力の一つは、キャリアップができることです。いろいろな仕事を確実にやり遂げて、依頼者からの良い評価を得られたら、自分の能力と実績が上がっていきます。年収の平均は450万円程度ですが、努力次第では1000万円以上も可能です。

もっと読む

土木の現場管理者として

2人の作業員

土木の求人では施工管理技士の人材も求められており、確かな経験と資格があれば転職でも採用されやすい状況にあります。40代、50代の経験者を歓迎している求人も存在し、そういった求人では年収も充実しています。

もっと読む

専門的仕事です。

作業員

建設業界では、人材の不足や高齢化で施工管理技術者の育成が急務となっています。しかし、実情としては人材育成に掛ける経費を抑制し人材不足を補うために施工管理を派遣に頼る事例が多くなっています。施工管理技術者の派遣は、依頼する企業にも専門技術を活かせる派遣されるスタッフにもメッリトがあります。

もっと読む