キャリアップができる

報酬も上がる

ヘルメットを持つ人

施工管理の求人の魅力は、自分のキャリアップができることです。
採用されて、一つの仕事を無事に終わらせることができたら、自分の経験と実績になります。
施工管理の仕事は簡単なものではありません。
一つの工事をきちんと終わらせるには、いろいろなことを確実に成し遂げなければなりません。
例えば、現場で働く人たちの結束を強くしたり、依頼主との交渉など多種多様な仕事を一人で行っていきます。
そのため施工管理の求人は、経験のある人を求めることが多いです。
求人に応募した場合は、経験のある人が優先して採用されます。
未経験の人でも、施工管理の求人に応募できますが、その場合は知識を持っている人が有利になります。
例えば、大学で建築学を学んだことがあったら、優遇されます。
その場合でも採用されて現場で仕事を覚えながら働けば、キャリアップになります。
この仕事は経験を重ねれば、仕事をさらにしやすくなります。
多くの人と協力して働く仕事なので、協調性やリーダーシップの能力も上がります。
一つの職場でずっと働き続ける人もいますが、自分の経験や実績を効果的にアピールして、より規模の大きな職場に移る人もいます。
施工管理の年収の平均は450万円程度ですが、高い人になると1000万円を超えることがあります。
このような高額の年収は、いろいろな仕事を経験してキャリアップをすることで実現します。
1000万円以上の年収を得ることは簡単ではありません。
しかし、自分の努力次第では、それが実現すると言う魅力がこの仕事にはあります。

慢性的な人材不足状態です

メンズ

土木建築関連の会社では、数年前から慢性的な人材不足に陥って深刻な問題となっています。
その原因は熟練者の定年退職と、若年層が定着しないことにあり、施工管理ができる人材の確保と育成が課題になっています。
施工管理ができる人材を求人募集してもなかなか集まらないため、大手の会社だけでなく中小企業の会社でもスカウト専用の業者に依頼をして人材確保に走るようです。
ここまで深刻な人材不足なので、土木や建築の施工管理の資格を持っているなら、より良い条件の求人情報に飛びつくことができます。
大手のゼネコンなら会社の安定性があり待遇も良い場合が多いです。
加えて、規模の大きい仕事が多く仕事に対する責任が一層増し、やりがいを持って仕事ができるでしょう。
また、大手のゼネコンには転勤や出向という問題もありますので、今住んでいるところから離れたくない人は、転勤の可能性があるかどうかを求人情報を見て判断するべきです。
地域に密着した中小企業なら、会社内の雰囲気がアットホームだったり仕事の規模も大小様々で挑戦しやすかったりします。
求人情報を見て、前年度の昇給や賞与の実績を見ると、会社の安定性や社員に対する還元の度合いが読み取れます。
施工管理の経験があり、資格が一級ならどこの土木建築関連の会社でも好待遇で採用されることでしょうが、長く勤めることができなければまた求職活動をすることになります。
長く勤められる会社かどうかを見極めて、自分の持っている資格を存分に活かせる会社に就職できるように頑張りましょう。

高収入も魅力

作業員

施工管理の求人は、全国どこでもあるという点、高収入であるという点、年をとってからも働けるという点などに魅力があります。
施工管理とは、工事現場の作業スケジュールや安全性などを総合的に管理する仕事です。
工事のるところには必ず施工管理の求人があります。
昨今は大きなイベントに向けてあちこちで建築ラッシュが起こっているため、特に求人数は多く、経験豊かな施工管理者は引く手あまたの状況です。
このようなブームが過ぎ去っても、劣化して使えなくなる建物や道路が発生する以上、必ず求人は発生します。
実務経験を五年、十年と積み重ねると、施工管理技士の資格をとることができます。
実務経験が必要なことからこの資格の取得は簡単ではなく、その分資格保持者は優遇されます。
資格を持っているとその分給料も高くなります。
屋外で行う工事を監督するため、体力は必要な仕事です。
ですが、基本は作業工程の管理であるため、そこまで激しい体力仕事は発生しません。
また、経験者は優遇され、定年というのもない仕事であるため、年をとっても働けるという点にも魅力があります。
働いているときの魅力としては、自分の仕事が形になり、目に見えるというものがあります。
道路にしろ、建物にしろ、自分が関わった物が社会に残るというのは大きな達成感です。
作業中も、日毎に完成していくのを見ることでやりがいになり、モチベーション管理にもなります。
書類仕事も多いですが、やり遂げた後の達成感は何にも代え難いものです。

キャリアップができる

ヘルメットを持つ人

施工管理の求人の魅力の一つは、キャリアップができることです。いろいろな仕事を確実にやり遂げて、依頼者からの良い評価を得られたら、自分の能力と実績が上がっていきます。年収の平均は450万円程度ですが、努力次第では1000万円以上も可能です。

もっと読む

土木の現場管理者として

2人の作業員

土木の求人では施工管理技士の人材も求められており、確かな経験と資格があれば転職でも採用されやすい状況にあります。40代、50代の経験者を歓迎している求人も存在し、そういった求人では年収も充実しています。

もっと読む

専門的仕事です。

作業員

建設業界では、人材の不足や高齢化で施工管理技術者の育成が急務となっています。しかし、実情としては人材育成に掛ける経費を抑制し人材不足を補うために施工管理を派遣に頼る事例が多くなっています。施工管理技術者の派遣は、依頼する企業にも専門技術を活かせる派遣されるスタッフにもメッリトがあります。

もっと読む