定期メンテナンス|雨漏りの修理業者は見積もりサイトで選び抜こう!

雨漏りの修理業者は見積もりサイトで選び抜こう!

男の人

定期メンテナンス

ワーカー

住宅を購入すると、新築なら気にもしなかった塗装も年数が過ぎると塗り直しが必要となってきます。塗装は大きく分けると外壁と屋根がありますが、塗装の目的としてはやはり装飾と腐食保護が目的でしょう。そこで気になるのは価格です。 塗る面積によって金額にも開きが出てくるでしょう。また、屋根の様に撥水加工を施したり、最近良く聞かれる熱を反射する遮断熱塗装などがあったりします。選ぶ種類や内容によっても変わってくるのではないでしょうか。 そこで一般的な相場としては足場を組むことを考えて70万円〜100万円位は見ておきたいものです。屋根であればやはり足場が必要になる場合もあるので、おおよそ50万円〜80万円位になるでしょう。 必要なのは明確な見積もりなので、しっかりと確認するべきです。

気になるのが一度塗った塗装はどれくらいの耐久性があるのかということです。一般的には10年くらいだと言われていますが、屋根などはどうしても雨風や熱によって傷みやすくなりますので、メンテナンス時期はもっと短くなる可能性もあります。 さて今後の塗装の傾向として、やはり耐久年数を長くするということでしょう。近未来型としてフッ素系の塗料、光触媒の塗装があり、太陽光で汚れを分解し雨水を利用して汚れを洗い落とすといった光触媒を応用した塗料のことです。耐久年数も12年〜20年と言われています。ですがどうしても価格がそれなりになってしまうのも仕方がないことかも知れません。また遮断熱塗装も10年〜15年くらいと比較的長く、ですが金額的には一般よりも高めになってしまいますが、長い目で見ると耐久年数が長い分メンテナンスをこまめに行うよりは利便性がありそうです。